読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィットネスクラブで働くトレーナーblog

フィットネスクラブでパーソナルトレーニングをしているトレーナーです。トレーニング関連の話、フィットネス業界の話、健康関連の情報・ニュースなどについて書いています。

ジャンクフードを食べてしまう時の考え方

栄養バランス、血糖値の上昇下降を考えた食事が毎回摂れるというのが理想的ですが

普通に会社勤めをしている人にはそれが出来るかどうかはかなり大きな問題です。毎朝キチンと早起きして弁当を作れるかということになりますから自信を持って「はい!」と言い切れる人は少ないのではないでしょうか。
 
人間ですからたまにはファストフードも食べたくなるし、味の濃い料理やラーメンなど脂たっぷりのものも食べたくなる方が自然です。
仕事の付き合いや、周囲に合わせた食事をしなければならないということもあるでしょう。
 
そういった
「外食をする時や、明らかに太りやすいものを食べてしまう時に何を食べるのがいいですか?」という質問をよく受けます。
「太りやすいとはわかりつつもどうしてもやめられない!でも、やせたい!」というやつですね。
 
そういう時は具体的に「これ」という答えを探そうとせずに、以下の様な考え方をしてみましょう。
まず、外食、ファストフード、ジャンクフードは何をどうあがいても食べたら太ります。
つまり何かしらの被害を受けるということですね。ですからそうしたものを食べる時は、
「どれなら被害が少なくて済むか」を、考えてみましょう。
私が実践しているのは以下の3つの考えて方です。
①強盗
ナイフを突きつけられ、財布や携帯を鞄ごと強奪され、さらに身につけている貴金属や着ているものまで持って行かれる。
 
②スリ
自分の身は安全、だけど所持金を財布ごとすっかり盗まれ、携帯も持って行かれる。
 
③ちょろまかし
「すみません。恵まれない人への募金をお願いします」と言われ、100〜500円くらいの小銭を渡すが、それは嘘でちょろまかされる。
 
この3つを基準にして、ジャンクフードを食べるのです。
 
例えば、コンビニ弁当なら
・コンビニ弁当とエナジードリンクで昼食を摂り、それでお腹いっぱいにならないからカップラーメンも食べて食後にアイスも食べる。
これは①の強盗です。被害甚大です。
 
・仕方なくコンビニ弁当を買ったが、エナジードリンクではなくミネラルウォーターにして、ラーメンもアイスも食べない。
これなら②スリです。
 
・コンビニ弁当だけどタンパク質を多くする為にサラダチキンを合わせて食べる様にして、中の白米も半分は捨てる。保存料や食品添加物をなるべく排出するようにミネラルウォーターをこまめに飲んでトイレに行く回数を増やす。
これなら③ちょろまかしなので被害が最小です。
 
ラーメン屋に入るなら
定食屋に入るなら
ファストフード店に入るなら
喫茶店に入るなら
といった具合で、①②③を意識してできるだけ③で済むようにしていくと良いでしょう。
 
ちょろまかし程度ならすぐに挽回できますから。