読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィットネスクラブで働くトレーナーblog

フィットネスクラブでパーソナルトレーニングをしているトレーナーです。トレーニング関連の話、フィットネス業界の話、健康関連の情報・ニュースなどについて書いています。

筋トレは「とりあえずやってみる」こと

本日は(日付が変わりましたが6/14とします)サプリメント販売サイト「バーサーカー」のコラム更新日でした。プロボディビルダーの山本義徳氏が書くコラムです。このブログを書くにあたり参考にしているページなのでぜひご覧ください。

www.berserker.jp

今回のコラムでは、頭で勉強はしっかりしていてもなかなか身体に筋肉がついてこない人がいる一方で、大した勉強もしていないにもかからわずイイカラダをしている人もいるというケースもあるので、時には理論を忘れてとにかくめちゃくちゃでいいからトレーニングをしてみよう、という内容でした。

 

昨日、このブログで「知識・技術がないとやはりだめだ」というようなことを書いたばかりのタイミングこのコラムは非常に興味深く読ませいただきました。コラムの筆者は筋肉を付けることに人生のすべてを掛けている人であり、彼のメソッドはダルビッシュも参考にするほどなので、そういった人の言葉だと重みがあります。

 

偶然にもネットのリンクから「be inspired」という社会派のコラムを集めたサイトでも同様のものを発見し、こちらも興味深く読みました。

beinspiredglobal.com

 

何も考えずにとりあえずやってみるか、とありますが、筋トレにはこの感覚は大事です。指導する場合は知識・技術が重要でそこに「指導者自身の納得の行く体形」が加わるとさらに良いでしょう。

 

ダンベルやバーベルなどは確かに初心者にはいったいどうすればいいのかわからない謎の物体だと思いますが、筋トレのマシンというのは誰にでも安全に使いこなせる設計がなされています。筋トレの有効性についてはあらゆるメディアでようやく取り上げられるようになりましたので、ある程度の知識があるという方も多いか思います。

 

浅い知識でもいいからまずは実践が大事です。筋トレをやってみましょう。マッサージ屋に通うよりも確実に体質は改善します。