読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィットネスクラブで働くトレーナーblog

フィットネスクラブでパーソナルトレーニングをしているトレーナーです。トレーニング関連の話、フィットネス業界の話、健康関連の情報・ニュースなどについて書いています。

プロレスラーが「フィットネストレーニング」を公開

新日本プロレスが自社で動画サイトを運営していてその視聴は当然有料なのですが、中には無料公開しているものもあります。

www.youtube.com

プロレスラーのトレーニング風景を公開してるものの中で、比較的一般のフィットネスクラブで行われているものに近いことをしている動画がありました。

動画を見ればわかりますが、扱っているダンベルの重さのなども一般人レベルの重さと言ってもいいくらいのものですし、バランスボールも使っていたりします。

※公開練習というのは半分は宣伝用のパフォーマンスの要素もありますから、この内容が全てではありません。

 

この動画の棚橋弘至選手は左肩の関節唇損傷(かんせつしんそんしょう)というケガをしていてそのリハビリのためのトレーニングということのなので一般人レベルの内容になっているのだと思います。やっている内容は、普段から肩が凝って困る人や四十肩、五十肩といった方の激痛を経験し、長い期間痛みに悩み続けている人にも有効なトレーニング内容ですから参考にしてみていいと思います。

 

プロレスラーのトレーニングと言えば、とても一般人にはついていけないものが普通です。

私もプロレスラーのトレーニングDVDを持っていますが、そのレスラーのトレーニングはスクワット220㎏、ベンチプレス180㎏、といったようなものすごい重量です。

ベンチプレスで150㎏×10回くらい繰り返した後にさらに重りを追加して「これから本番です」と言っていたのには驚きました。

 

SNSで関係者がレスラートレーニング風景をネットに乗せることも多いのですが、スマホを見ていると、45度のベンチに座ってベンチプレスをする「インクラインベンチプレス」を普通に135㎏でやっていたりする写真がタイムラインに流れてきたりします。

 

扱っている重量こそ一般人の桁違いの重量ですが、やっている内容は同じスクワットであり、プレスであり、ロー(ものを引っ張る動作)でありと、普通のフィットネスクラブでやっていることと同じ内容です。

 

基本の筋トレというのはすべての人に共通の「不可欠要素」です。