読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィットネスクラブで働くトレーナーblog

フィットネスクラブでパーソナルトレーニングをしているトレーナーです。トレーニング関連の話、フィットネス業界の話、健康関連の情報・ニュースなどについて書いています。

テレビCMで見ない食品を選ぶのが健康・ダイエット・ボディメイクのコツ

数年前にフェイスブックのタイムラインに流れてきた何かの記事で今でも覚えているのが本日の記事タイトルです。日本語で書いていますが、本文は英語表記でした。恐らくアメリカのサイトの文章だったと思います。

これは本当に上手いこと言うなぁと感心した表現です。

本当に「その通り」なのです。ダイエット食品や健康食品を選ぶよりも、スーパー当たり前のように売っているブロッコリー、青魚、卵、鶏肉、などの方がずっと健康的でダイエット効果が高く、ずっと健康的です。

 

今日、職場の一つのあるフィットネスクラブでスタッフの一人と話す機会があったのですが、そのスタッフ(20代前半)はなんと「アマゾン」を今まで利用したことがないというのを聞いてとても驚きました。アマゾンは品ぞろえが豊富過ぎるくらい豊富でもはや「売っていないものはない」というくらいのショッピングサイトですが、それよりも一般的なお店で売られているものよりも値段が格段に安いというメリットがあります。そのスタッフはアマゾンのサイトでプロテインサプリメントを調べたらいつも買っていた金額の半額くらいになったというのが「なんだか怪しい」という印象で、まだ購入をためらっていました。

 

この様に、少し手間をかけて「大がかりなCM・宣伝をしていないところ」で売っている商品を調べてみると意外にもお得なことが多いのです。

(アマゾンはすでに大手ですが、テレビCMはそれほど見かけませんね。)

 

その一例として↓の写真のコーヒーを挙げます。

f:id:blog_practice:20160727200639j:image

私は仕事柄、ブラックの缶コーヒーを飲むことが多いです。その理由は

・喫茶店で買うより安い

・砂糖が入っていないので太る要素がない

・かといってミネラルウォーターだと”水”なので味気がない

・抗酸化物質であるポリフェノールが摂取できる(缶コーヒーなのであまり期待していませんが)

・カフェインで集中力が出る、トレーニング前に飲んでも有効(気分的な要素が大きいです)

などということになります。

 

缶コーヒーのテレビCMというのは比較的よく見かける方だと思いますし、電車内の広告でも色々な新しい缶コーヒーが出てきますね。BOSS、UCCジョージアなどが有名です。そういったコーヒーを買うこともありますが、人にお勧めするなら「あまり大々的にCM・広告がなされていない」コーヒーとして、このイオンのブラックコーヒーをお勧めします。

f:id:blog_practice:20160727200624j:image

 まず量です。なんと400gです。普通の缶コーヒーが170gくらいですからその倍以上です。そして原材料を見ると「コーヒー」だけ。うすーいコーヒーに強引に香りづけをするための”香料”が入っていません。砂糖やブドウ糖果液糖なんてものありません。その他わけのわからない化学物質も入っていません。ほんとうにただのコーヒーです。

 

そして値段はなんと89円!(83円だったかも知れません)税込みで、です。

これを知ってしまうと100円の缶コーヒーがぼったくりに感じてしまいます。

安い、量が多い、砂糖・人口添加物なし、こんないい飲み物なのにまったくCMされていません。

イオン系のスーパーマーケットや、まいばすけっと で売っています。

 

CMしてない食品を探してみましょう。健康的で安くて量が多いものにである確率が高いです。