読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィットネスクラブで働くトレーナーblog

フィットネスクラブでパーソナルトレーニングをしているトレーナーです。トレーニング関連の話、フィットネス業界の話、健康関連の情報・ニュースなどについて書いています。

「あぐら」は股関節の状態をセルフチェックできる良い方法(座り方としては✖)

あまり表には出てこないのですが、多くの人が「実は結構悩んでいる」というのが、あぐらの座り方ができないことです。

f:id:blog_practice:20161114205619j:image

この写真のモデルさんはきちんとあぐらが出来ています。つまり、両脚をしっかり曲げることができていて、さらに両方の膝頭が床につくくらい下がっています。

座禅を組むような足の組み方ですが、これができない、できないことが悩みだという人は実は多いのです。

 

あぐらをかこうとすると・・・・

f:id:blog_practice:20161114205620j:image

このイラストのようにどちらかの膝が上がってしまう。どうにか膝を下げようと押し下げたりストレッチをしたりしてもなかなか下がってくれない。

ヨガなどのクラスに出ると自分周囲はみんな膝がぺたんと床につく人ばかりで引け目を感じてしまう、という人もいるようです。

 

この原因は何か?どんな対処法があるのか?

高い確率で考えられるのが「骨盤の動き」です。

あぐらの反対ともいえる座り方に「正座」があります。こちらも膝が曲げられなくて座れない。座ろうとしても痛くてできない。などの悩みを抱えている方は多いです。

 

この図を見てもられば一目瞭然ですので、それをもとに書いていきます。

 

f:id:blog_practice:20161114205658j:plain

正座というのは座り方として見ていくと、腰に負担を掛けない(背骨に荷重が不自然にかかることが無い)非常に良い座り方です。

すねやふくらはぎが自分の体重で圧迫されますので、長い時間座っていると足がしびれてくるという問題はありますが、その他には特に問題が見当たらない「すばらしい座り方」です。

それに対してあぐらはご覧のように明らかに腰が曲がります。

荷重が全て骨盤からその上の腰椎呼ばれる背骨の下段にかかってきます。

これで足がしびれることはないですが、確実に腰を痛めます。

 

それを防ぐためには骨盤が前傾という動きをする、または前傾の動きができるくらい十分に筋力があることが必要です。

f:id:blog_practice:20161114214418p:plain

このイラストの左側です。丁度、お尻をモデルの腰キュッと持ち上げるような筋力(能力)の低下によって骨盤を前に倒せない、それによって膝が持ち上がってきてしまうというケースが多いのです。

 

対処法、改善のためのエクササイズとして挙げられるのがスクワット。

筋トレの王道であるスクワットです。

「普通にスクワットをすればよい」という書き方もできますし、スクワットという動作について書きだすとものすごい量になりますので、あえて骨盤の動き(前傾させる動き)を出すスクワットという表現で伝えるならば、

f:id:blog_practice:20161114215126p:plainこの写真のスクワットのイメージが近いでしょう。

スクワットとはしゃがむという動作を行うものですが、ただしゃがむのではなく、しゃがめばしゃがむほどに、このモデルさんのようにお尻を高く高く上げながらしゃがみます。なのでこのモデルさんは腰からお尻に掛けて「強めの反り」が出ています。

(これの良し悪しの議論は割愛します)

このくらいのつもりで骨盤を前に倒す、お尻をキュッと持ち上げる意識が出てくると骨盤が動きます。

結果としてあぐらが掛けるようになります。

 

実際に私がお客様に行っていることでもありますで、お悩みの方は参考にしてみてください。

※今回記事に関して説明に便利なためかなりの画像を使いましたが、他のサイトからの引用ですので、ここに明記しておきます。