読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィットネスクラブで働くトレーナーblog

フィットネスクラブでパーソナルトレーニングをしているトレーナーです。トレーニング関連の話、フィットネス業界の話、健康関連の情報・ニュースなどについて書いています。

カロリーメイトを「1回の食事」と考える?

私から考えると「恐ろしいこと」なのですが、カロリーメイトというお菓子を、「栄養バランスの取れた食べ物」として計算し、1回の食事として考えている人が、意外と多いようです。

 

カロリーメイトのパッケージの裏を見てみると、確かに色々なビタミンや栄養素が含まれていますが、それでもやはり糖質たっぷりのお菓子に変わりないことは確かです。特に運動や目立った身体活動をするわけでもなく食べたら太ります。

 

そしてカロリーメイトという名前だけあって、カロリーが高いです。

1本で100㌔カロリー。一箱たった4本で400㌔カロリーもあります!

4本でお茶碗2杯分、他にはちょっとした肉料理一品分くらいのカロリーがあります。

 

そしてそれが消化吸収の速い加工食品(砂糖と小麦粉の粉を固めたもの)になっているわけなので、GI値が非常に高いです。(具体的な数字は出てきませんが、加工食品は高いのです)

GI値が高い=血液の中に溶け込むスピードが速いわけですからこのタイミングで、その血液に溶けた糖分がエネルギーとして使われなければ脂肪として蓄えられます。

 

この様に考えてみると、ダイエットのためとか脂肪を減らすため、という目的でカロリーメイトを食べることはあまり有効ではないことがわかります。

あえてダイエットのために食べるとすると、トレーニング前の栄養補給として1時間くらい前に食べるのがいいのではないでしょうか。

 

カロリーメイトがその効果を発揮するのは、まさに名前の通り、手っ取り早くカロリー摂取が必要な時ということになります。

すぐに思い浮かぶのが「マラソン」や「トレイルライン」などの長距離走系の運動です。100㎞以上を走るウルトラマラソンなどの場合でも走りながら食べるモノとして非常に優れていると思います。

現場を見たわけではありませんが、東京マラソンでは給水のほかにも色々な軽食が用意されているそうですが、そういったシーンでも有効でしょう。

 

つまり、食べた直後、または1時間以内に自分の身体が動いている状態になっているならば、カロリーメイトを食べたとしても太りにくい、脂肪になりにくいと言えるでしょう。

 

カロリーメイトをご飯替わりにしていませんか?

夜ご飯として寝る前に食べていませんか?

 

もしそうだったら、その食べ方を変えましょう。